Grapes

私達のブドウ栽培は、何世代もの
歴史があります。

家族は100年以上カリフォルニアの肥沃な土地で最高品質のぶどうを栽培しています。その知識、伝統、そして情熱は世代を超えて代々受け継がれています。カリフォルニアで栽培されるぶどうがふっくらとして、みずみずしく、その味が世界一であることがそれを証明しています。

 

概略・歴史


カリフォルニアのぶどう栽培には、200年以上の歴史があります。

カリフォルニアのぶどう栽培の歴史は1700年代、スペイン人修道士達が教会の傍にぶどう畑を作ったことにさかのぼります。1800年代には、金を求めてカリフォルニアの土地に訪れた採掘者達が「金を探すよりもぶどうを栽培する方が儲かる」ということで、ぶどう栽培を始めました。以来、200年の年月が流れ、カリフォルニアはぶどう栽培に最適な土地として知られるようになりました。

現在、平均的なアメリカ人の年間ぶどう消費量は約8ポンド(3.6kg)です。この99%がカリフォルニア産です。カリフォルニアでぶどう栽培が盛んな理由としては、この土地の温暖で乾燥した気候が、甘い果実を育てることに適しているからです。しかし、カリフォルニアのぶどう生産者達は現状に満足することなく努力を続けています。

カリフォルニアぶどう生産者は、最高の生産規格を適用し、一本一本を丹精込めて栽培しています。栽培、収穫、梱包、輸送など、消費者の皆様にもぎたて同様のふっくらとした傷のない状態で果実をお届けすべく、カリフォルニアぶどうは、種付けからコンテナ輸送まで、熟練した作業員によって丁寧に扱われます。